MENU

副作用

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

ノルレボによるまま起きる可能性がある副作用の中でもやはり多いのは、不公平出血だ。

 

順当女性は生理の時に出血し、それ以外のまま男根からの出血が見られる事は有りません。

 

ただしこういう薬による場合は、生理の時以外にもありものに色あいがついたり、敢然と赤や赤黒い色あいの出血が見られる場合があります。

 

またそれ以外の副作用としては、吐き気や頭痛、疲弊位も有ります。

 

ホルモンに作用する薬を服用するら、なんだか淑女の全身ではホルモン有様がちょっぴり今までとは異なる状態になってしまう。

 

勿論体調自体はその環境に応用使用とするのですが、その場合に吐き気や頭痛、疲弊位が出てきてし見合う事があります。

 

ただ、これらの病態は他のホルモン剤による時にも同様に在る事が居残る副作用であり、ノルレボ特有の物ではありません。

 

もう一度、これらの副作用自体は意外ときつい病態となる事はすくなく、ある程度の歳月が経過したら病態は自然に消えて行きます。

 

ただ吐き気や下痢、頭痛、めまい、不公平出血位しょっちゅうとは違う病態が長く貫く場合は、はからずも何か他の悲劇が起きている可能性も出て来ます。

 

病態が酷いら、長期的に貫く場合は一度ノルレボを処方してもらったクリニックで診察を受ける事になります。

 

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

ノルレボはイマージェンシー避妊ピルとして利用する物で、長期的に取り扱う物ではありません。

 

その為、妊娠中間の人類以外であれば、誰が使ったとしても問題なく使用する事が出来るようになってある。

 

ただ妊娠中に使用するのは阻止となっているので、ことごとく妊娠していない事を確認してから使用決める。

 

また妊娠間以外は利用出来ますが、授乳中間の使用にも注意味決める。

 

これは、ノルレボの根源が乳に移行してしまうという先が問題となってあり、服用した場合は常時授乳を避けます。

 

継続使用する薬ではありませんが、他の薬との絆もあるので、他の病気を服薬治療して要る人類は、医者・薬剤師に相談してから利用します。

 

ノルレボホームページへ

このページの先頭へ