MENU

避妊効果

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

ノルレボは避妊に失敗した場合服用する便宜ピルの1つですが、その効果を敢然と打ち出すためには投薬の切り口を続ける肝要があります。それは投薬時だ。

 

ノルレボは性ネゴシエーション上、72時以内に1回2錠を服用するため便宜ピルとしての効果を発揮しますが、最大で120時以内に服用しても効果を期待することが出来ます。

 

但し性ネゴシエーション後の時が経過すればするほど、避妊の効果が下がりますので避妊を優先したいのであれば72時以内のなるたけ早い段階で投薬することを忘れないようにください。

 

ノルレボの副作用の1つに吐き気がありますが、投薬上2時以内に吐いてしまった場合は新たに2錠を服用する必要があります。

 

たとえ病院で製法されたこと、2錠しか持ち合わせがない可能性があるのでその時は一気にノルレボを処方してもらった病院を受診し、再処方してもらいましょう。

 

投薬上2時以内に吐いたものの改めて服用しなかった場合は避妊の効果を期待することが出来ないので注意が必要です。

 

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

またインターネットの通販を利用し、ノルレボを購入したヒトであれば複数個錠を持っているかもしれませんが、意外と避妊したかどうかが不安なので吐いてはいないが再度2錠を服用するようなことは絶対に止めましょう。

 

便宜ピルは避妊に失敗した場合イマージェンシー系統に作る方法であり、また薬に含まれる女子ホルモンの影響で自身の様態を壊して仕舞う可能性もあります。

 

必要なボリュームを回数は絶対に守りましょう。

 

ところで性ネゴシエーション上72時以内に服用したからといってどうしても避妊をしないのではなく、失敗する可能性もあることを忘れないようにする必要があります。

 

そのためパートナーがコンドームの様な避妊道具によることを嫌がるから、性ネゴシエーションの度に服用する、というやり方をしてれば以前妊娠する可能性もありますし、先述したように自身の様態を壊すファクターにもなります。

 

ノルレボは飽くまでもイマージェンシー的対応ですことを忘れずに使用しましょう。

 

ノルレボホームページへ

このページの先頭へ